2018年度 第7回定例研究会:吉田寛「メタゲーミングとトイフィケーション──〈ゲーム〉はどこにあるのか?」

 本学の吉田寛教授による今年度の第7回定例研究会「メタゲーミングとトイフィケーション──〈ゲーム〉はどこにあるのか?」を、下記の通り3月8日に開催いたします。みなさまふるってご参加ください。

発表タイトル
「メタゲーミングとトイフィケーション──〈ゲーム〉はどこにあるのか?」
発表者
吉田寛(立命館大学 先端総合学術研究科 教授)
日時
2019年3月8日15:00~17:00
参加方法
事前申し込み不要/無料です。 
場所
立命館大学 衣笠キャンパス アート・リサーチセンター 会議室2 http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
要旨
「メタゲーミング」という観点から、ゲームの同一性や単位、すなわち「一つのゲーム」「二つのゲーム」という数え方の有効性と限界、さらにはゲームとゲームのあいだの動的関係を再検討する。また、メタゲーミングの一種として存在する、ゲームそのものが「玩具」として別の遊びの目的に「流用」される現象を「トイフィケーション」と名付け、そこから現代のゲーム文化を考察する。

“2018年度 第7回定例研究会:吉田寛「メタゲーミングとトイフィケーション──〈ゲーム〉はどこにあるのか?」” への1件のコメント

コメントは受け付けていません。