『京都ゲームカンファレンス2014〜ゲーム・スタディーズの諸相〜』(3/8)開催のお知らせ

立命館大学ゲーム研究センターは、3月8日、同日開催中のBitSummit MMXIVと同会場のみやこメッセにて、世界で最大規模のデジタルゲーム・コレクション及び、展示拠点を持つ、「遊び」の博物館、スト 続きを読む…

2013年度第五回定例研究会「「ゲーム=学習説」の可能性と限界」(井上明人)

来る12月6日(金)、下記要領にて立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)2013年度第五回定例研究会を開催いたします。お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。 開催概要 日時 2013年12月6日(金 続きを読む…

dotFes2013京都 特別講演 「メディアを超えたゲーム的表現ー僕らがファミコンから学んだことー」

概要 立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、マイナビ「Web Designing」、クスール、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科が主催するクリエイティブイベント「dotFes 201 続きを読む…

国際ワークショップ 「遊戯、メディア、アイデンティティ」(主催:立命館大学国際言語文化研究所)

 来る10月16日(水)、国際ワークショップ 「遊戯、メディア、アイデンティティ」(主催:立命館大学国際言語文化研究所、共催:立命館大学ゲーム研究センター)が開催されます。基調講演の講師は、ジョス・デ 続きを読む…

2013年度第四回定例研究会「ハードウェア・ソフトウェアの両面における『教養としてのゲーム史」を築く試み」(多根清史)

来る11月1日(金)、下記要領にて立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)2013年度第4回定例研究会を開催いたします。お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。 開催概要 日時 2013年11月1日(金 続きを読む…

2013年度第三回定例研究会「連続研究会:『ファミコンとその時代』(NTT出版、2013年刊)を読む(その2)」(細井浩一・中村彰憲)

来る9月27日、下記要領にて立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)2013年度第3回定例研究会を開催いたします。先日、刊行された『ファミコンとその時代』(著者:上村雅之・細井浩一・中村彰憲)を題材と 続きを読む…

ゲーム展示で企画協力を行う「親子で楽しむサイエンス あべの科学博2013」が8月8日より開催

 立命館大学ゲーム研究センターが企画協力をおこなう「親子で楽しむサイエンス あべの科学博2013」があべのハルカス近鉄本店で、8月8日より開催されます。本センターは、「昭和なつかしのゲーム」ゾーンへの 続きを読む…

2013年度第二回定例研究会「連続研究会:『ファミコンとその時代』(NTT出版、2013年刊)を読む(その1)」(上村雅之)

来る7月30日、下記要領にて立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)2013年度第2回定例研究会を開催いたします。先日、刊行された『ファミコンとその時代』(著者:上村雅之・細井浩一・中村彰憲)を題材と 続きを読む…