2018/07/30

DIGRA 2019 、8月6日から10日まで京都の立命館大学にて開催。基調講演にゲームクリエイターの水口哲也氏とeスポーツの世界的権威、T.L. Taylor氏の登壇が決定



T.L. Taylor氏

水口哲也氏

 立命館大学ゲーム研究センター(RCGS) は、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ならびにデジタルゲーム学会(DiGRA)とともに2019年8月6日から10日までの間、京都の立命館大学でDiGRA2019を開催することを発表します。
 テーマは「ゲーム、プレイ、そして台頭するルド・ミックス※」
 今後、本テーマに関連したサブテーマとともに研究発表の応募要領の詳細を公式ホームページ (http://www.digra2019.org/) にてリリースしていきます。
 また、基調講演にはゲームクリエーターで慶応大学教授の水口哲也氏とeスポーツの世界的権威でマサチューセッツ工科大学(MIT)教授のT.L. Taylor氏の登壇いたします。
 DiGRAはこれまで、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカ、アジアならびに中東と世界中からデジタルゲームに関する研究者が集い、研究成果を発表してきました。これを機にぜひ世界中のゲーム研究者との交流を促進できればと考えております。日本デジタルゲーム学会の会員の皆様につきましてはふるって研究の応募をよろしくお願いします。


※ルドミックス(Ludomix)とはゲームを中心としたメディアミックス(Mediamix)が広がりつつある昨今の状況を反映して考案された造語です。



 






0 コメント:

コメントを投稿