2017/05/15

2017年度第1回定例研究会「デジタルゲームの学術的研究における知的構造」

 来る5月25日(木)、下記要領にて立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)2017年度第1回定例研究会を開催いたします。お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。

日時
2017年5月25日(木) 11:00~12:00
場所
Ritsumeikan Univeristy Kinugasa Campus
Jukokan 301 Room (Theathre Room)
(立命館大学衣笠キャンパス充光館301)
参加費
無料(事前申し込み不要) 
タイトル
The intellectual structure of academic game research (デジタルゲームの学術的研究における知的構造)
発表者
Paul Martin Assistant Professor, Digital Media and Communications,
School of International Communications
University of Nottingham Ningbo (ノッティングハム大学寧波、国際コミュニケーション学部デジタルメディア&コミュニケーション学科助教、ポール・マーティング)
コーディネーター
中村彰憲 Akinori Nakamura Ph D
概要
What kind of subjects are currently discussing in digital games research in Europe and the United States? In this presentation, Associate Professor Paul Martin from Nottingham University Ningbo overviews the research on digital games in Europe and the United States of America as well as the issues and future perspectives

(現在、欧米におけるデジタルゲーム研究において如何なる科目がどのような形で議論しているのだろうか?本研究は、英国ノッティングハム大学が中国遼寧省と連携して創立したノッティングハム大学寧波校に在籍中の発表者がこれまでの欧米圏におけるデジタルゲーム研究を俯瞰し、その視点や課題、そして今後の展望について分析します。)

注意:本講演は英語のみでおこなわれる国際講演です
共催
日本デジタルゲーム学会関西支部、The Chinese DiGRA

アクセス

立命館大学(衣笠キャンパス)
〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56-1< /p>

0 コメント:

コメントを投稿