2016/12/05

Replaying Japan 2017国内公募の開始について

2017年8月21-23日(現地時間)に開催予定の『第5回国際日本ゲーム研究カンファレンス-Replaying Japan 2017』について、日本語での研究発表の募集を開始いたしました。締切は、2017年1月15日(日)です。
詳しくは下記案内をご確認ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日時2017821日(月)〜23日(水)
場所ストロング遊戯博物館(Strong National Museum of Play、ニューヨーク州ロチェスター)
主題日本のゲームにおけるトランスメディアとストーリー(Transmedia and Story in Japanese Games)
主催The Strong / Rochester Institute of Technology’s School of Interactive Games and Media and MAGIC Center,
共催The Institute of East Asian Studies at Leipzig University, the University of Alberta., 立命館大学ゲーム研究センター、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)

 今回のカンファレンスにおけるテーマは、「日本のゲームにおけるトランスメディアとストーリー」です。本テーマに関わる研究について広く募集します。同時に、人文、社会、経営、教育学など多岐に分野にわたるポスター/デモ展示ならびにゲームカルチャー、教育とゲーム並びに日本のゲーム産業に関する研究発表も受け付けます。これまでの発表内容などについては、2016年度の発表内容をご参照ください
    : http://home.uni-leipzig.de/jgames/replayingjapan2016/program/. 

 
 
 本学会での発表をご希望の方は、以下の形式で発表要旨を作成し、「2017年1月15日(日)まで2017年1月31日までに、電子メールでご投稿ください。※〆切時期が変更になりました

要旨言語日本語
要旨字数・語数1,000文字以内(図表を含まず)。図表は2ページ目以降に置く。
(ただし、発表タイトルは投稿時から英語訳を入れて応募してください)
発表種別希望する発表種別を、①口頭発表(paper)、②ポスター発表(poster)、あるいは③デモンストレーション展示(demonstration)、の3つのうちから1つ選んで記載してください。
保存ファイル形式PDFフォーマット
投稿アドレスrcgs@st.ritsumei.ac.jp
注意事項採択された場合、英文要旨の提出を追ってお願いします。また、発表は英語でおこなっていただきます(英語での発表およびQAについてサポートが必要な方は、採択後にご相談ください)。

 
 発表要旨を投稿する際には、以下の点にご留意ください。

• 発表要旨のPDFには、本文と図表を入力し、氏名・所属等、著者を特定できる情報を記載しないでください。
• 電子メール本文中に、発表タイトル、著者氏名、所属、住所、電話・FAX番号、Eメールアドレスを記載してください。

 本学会での発表の可否は、プログラム委員会での審査後、「2017年2月27日(金)」以降にお知らせいたします。なお、ご不明な点や質問がございましたら、投稿アドレスと同じ「rcgs@st.ritsumei.ac.jp」までお寄せ下さい。
皆様の積極的な投稿をお待ちしております。

リンク: