2013/10/11

dotFes2013京都 特別講演 「メディアを超えたゲーム的表現ー僕らがファミコンから学んだことー」

概要

立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、マイナビ「Web Designing」、クスール、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科が主催するクリエイティブイベント「dotFes 2013 京都」(11月10日(日)開催)に企画協力し、イベント内にて、特別講演「メディアを超えたゲーム的表現 -京都で生まれて30年 ぼくらがファミコンから学んだこと-」を開催します。8bit CPU、52色パレットという、ファミリーコンピュータの厳しい動作環境のもと、当時のクリエイター達が試行錯誤を重ねて生み出した、UI/UXやキャラクターの動き--“ファミコン的表現技法”。そこには、どのような創意工夫があったのか。また、現代のWeb広告やゲームの中で、どのように活かされているのか。ゲストに、任天堂開発第二部を率いてファミコンを開発した上村雅之氏(任天堂/立命館大学)と、クロスメディア時代のインタラクティブなコンテンツづくりを牽引する人気クリエイター、中村洋基氏(PARTY)と宗佳広氏(ココノヱ)をお招きし、ファミコン的表現技法の原点と今、そして未来を語っていただきます。

上村雅之氏:
http://www.rcgs.jp/

中村洋基氏:
http://prty.jp/
http://www.negoto.com/negoto3/(ねごと³)
http://regame.jp/(リアル脱出ゲームオンライン)

宗 佳広氏:
http://9ye.jp/
http://9ye.jp/2012/ (ココノヱ年賀サイト2012)
http://gekitsuioh.jp/(撃墜王ゲーム)

dotFesとは?

2008年に東京でスタートした、Webクリエイティブのための学園祭「dotFes」。通算7回目となる2013年は、2年ぶり3回目、京都精華大学での開催です。2つのステージで実施される12セッションのほか、キャンパス内のさまざまな場所で、展開されるインスタレーションや作品展示、ライブパフォーマンスが用意されています。名物企画「クリエイティブ大喜利」では、世界を股にかけて活躍する6人のクリエイターが、この日限りのお題に全力で提案してくれます!

dotFes 2013 京都:
http://www.dotfes.jp/2013kyoto/

開催日時・場所等

日時 平成25年11月10日(日)14:00〜15:20
※dotFes 2013 京都  11:00〜18:20
場所 京都精華大学 黎明館
アクセス:http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/
入場料 ゲーム関連諸団体関係者/2,100円(税込)
一般/4,200円(税込)
学生/2,100円(税込)

※立命館大学ゲーム研究センターおよび学内外のゲーム関係の諸団体(任意団体も可)の皆様は、関係者料金でお申込みいただけます。(60名限定) ※本料金でdotFes 2013 京都の全プログラムをご覧いただけます。  http://www.dotfes.jp/2013kyoto/program.html
講演構成 【第1部】プレゼンテーション
14:00〜 上村 雅之
任天堂(株)開発アドバイザー

14:30〜 中村 洋基
(株)PARTYクリエイティブディレクター

14:45〜 宗  佳広
(株)ココノヱ代表取締役兼デザイナー

【第2部】パネルディスカッション
15:00〜 上村 雅之 × 中村 洋基 × 宗 佳広
モデレータ:細井 浩一  
ITコンソーシアム京都クロスメディア部会長
立命館大学映像学部教授
運営 dotFes 2013 京都 運営委員会
主催 (株)マイナビ Web Designing、(株)クスール、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科
特別協力 ITコンソーシアム京都、KYOTO CMEX 2013
協力 立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)
お申込み (1)お名前、(2)ご所属、(3)メールアドレス、(4)ご住所を記入の上、メールタイトルを「dotFes関係者割引申込み(ゲーム関連)」として下記メールアドレスまでお申込みください。
info@it-kyoto.jp
※60名限定
※メール確認後、手続き方法についてお知らせします。
お問合せ 下記事務局までご連絡ください。 =============================================================
ITコンソーシアム京都
事務局:京都府政策企画部情報政策課
担当 :渡邉  TEL:075-414-4342  FAX:075-414-4389
e-mail:mailto:info@it-kyoto.jp
URL:http://www.it-kyoto.jp/
=============================================================

2013/10/10

国際ワークショップ 「遊戯、メディア、アイデンティティ」(主催:立命館大学国際言語文化研究所)

 来る10月16日(水)、国際ワークショップ 「遊戯、メディア、アイデンティティ」(主催:立命館大学国際言語文化研究所、共催:立命館大学ゲーム研究センター)が開催されます。基調講演の講師は、ジョス・デ・ムル教授(エラスムス大学教授)です。詳細は、こちら(研究会:立命館大学国際言語文化研究所)からご確認ください。お誘いあわせの上、ご参加ください。
日時 2013年10月16日(水)15:00~18:00 開場14:30 
場所 立命館大学 衣笠キャンパス 末川記念会館第3会議室
講師・報告者 ◇◆基調講演◆◇
ジョス・デ・ムル (エラスムス大学教授)
「ホモルーデンス2.0. 遊戯、メディア、アイデンティティ」
“Homo Ludens 2.0: Play, Media and Identity”
  • 報告者
    吉岡 洋(京都大学大学院文学研究科教授)
  • 院生からのコメント
    田邉 健太郎(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
    川崎 寧生(立命館大学大学院先端総合学術研究科)
  • コメンテーター
    吉田 寛 (立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授)
  • 司会
    仲間 裕子(立命館大学産業社会学部教授)
※参加無料・事前申込不要
※質疑応答部分のみ通訳あり

→詳細ポスターはこちら(PDFファイル)
主催 立命館大学国際言語文化研究所
共催 立命館大学ゲーム研究センター
協力 京都大学大学院文学研究科吉岡洋研究室

アクセス

立命館大学
〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56-1
立命館大学衣笠キャンパス(Contact)