2013/02/26

国際日本ゲーム研究カンファレンス2013(International Conference on Japan Game Studies 2013)論文募集(3/15〆切)

 2013年5月24-26日に開催予定の『国際日本ゲーム研究カンファレンス2013(International Conference on Japan Game Studies 2013)』について、日本語での研究発表の募集を開始いたしました(英語での募集エントリはコチラ)。
 日英同時通訳サービスを提供いたしますので、日本語でのご発表および討論が可能となっております。発表募集の締切は、2013年3月15日に延長いたしました。詳しくは下記案内をご確認ください(PDFファイル)。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

---

国際日本ゲーム研究カンファレンス2013
(International Conference on Japan Game Studies 2013)
論文募集

開催日 2013年5月24日(金)-26日(日)
会場 立命館大学衣笠キャンパス(京都市北区)
主催 立命館大学ゲーム研究センター
共催 Prince Takamado Japan Centre, University of Alberta, Canadian Institute for Research Computing in the Arts, University of Alberta, GRAND Network of Centres of Excellence
協力 日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)


立命館大学ゲーム研究センターでは、日本のゲーム研究のうち、ゲーム文化、ゲームの教育利用、あるいはゲーム産業を題材とした、国際的な研究交流のための集会を開催いたします。本大会には、海外の著名なゲーム研究者が参加する予定です。また、日英同時通訳サービスを提供いたしますので、日本語でのご発表および討論が可能です。日本のゲーム研究を世界に発信し、また世界的なゲーム研究の潮流について知る貴重なチャンスですので、皆様の積極的な投稿をお願いいたします。

本学会で想定する主なテーマは以下の通りです(学会の趣旨に合致すれば、以下のテーマ以外も受け付けます)。
  • ゲーム及び玩具に関する文化的研究
  • ゲームのローカライゼーション
  • ゲームの教育効果と評価
  • ゲームおよびゲーム文化の保存
  • プレイヤー文化の理解
  • ゲーム産業(日本国内および海外企業を含む)
  • ゲームとメディア融合
  • ゲーム・オブ・チャンス
本学会での発表をご希望の方は、以下の形式で発表要旨を作成し、「2013年3月15日(金)」までに、電子メールでご投稿ください。

要旨言語 日本語
要旨字数 500文字以下(図表を含まず)。図表は2ページ目以降に置く。
保存ファイル形式 PDFフォーマット
投稿アドレス rcgsst.ritsumei.ac.jp
注意事項 採択された場合、発表までに英文要旨の作成をお願いする場合がございます。


発表要旨を投稿する際には、以下の点にご留意ください。
  • 発表要旨のPDFには、本文と図表を入力し、氏名・所属等、著者を特定できる情報を記載しないでください。
  • 電子メール本文中に、発表タイトル、著者氏名、所属、住所、電話・FAX番号、Eメールアドレスを記載してください。
本学会での発表の可否は、プログラム委員会での審査後、「2013年3月30日」までにお知らせいたします。
なお、ご不明な点や質問がございましたら、投稿アドレスと同じ「rcgsst.ritsumei.ac.jp」までお寄せ下さい。

皆様の積極的な投稿をお待ちしております。

立命館大学ゲーム研究センター
大会委員長:稲葉光行