2013/01/31

京セラ丸善システムインテグレーション株式会社と共同研究を開始「電子教材用コンテンツプラットフォームの研究開発を開始 ~教育現場へのタブレット端末活用を促進~」

 立命館大学ゲーム研究センターは、京セラ丸善システムインテグレーション株式会社と、共同で電子教材用コンテンツプラットフォームの研究開発を開始いたします。  詳細は下記、プレスリリースをご確認ください。


2013年1月29日

京セラ丸善システムインテグレーション株式会社
立命館大学ゲーム研究センター


電子教材用コンテンツプラットフォームの研究開発を開始
~教育現場へのタブレット端末活用を促進~


 京セラ丸善システムインテグレーション株式会社(本社:東京都港区 代表取締役会長兼社長:北村 寛、以下KMSI)と立命館大学ゲーム研究センター(京都市北区:センター長:上村 雅之映像学部客員教授、以下RCGS)は、小学校から高等学校までの教育現場において、タブレット端末を積極的に導入・活用するために必要な電子教材用コンテンツプラットフォームの実用化、および商品化に向けた研究開発を開始します。

 電子教科書や電子教材を教育現場に導入した際、それらの教育コンテンツを利用する生徒の学習頻度・進捗状態・成績推移など、学習指導に関わる重要な要素を教育者側が取得できる機能が整っていないため、従来の紙の教材と変わらず、導入後の積極的な活用に至らないケースが多い状態となっています。

 KMSIは、さまざまな教育機関向けに図書館システムや授業支援システムなどを提供しています。近年では、新しい教育・学習スタイルの可能性を検証しながら電子書籍、電子教材の普及促進に取り組んできました。またRCGSにおいては、ゲーム的要素あるいは構造を有するインターフェイスやプロセス設計を用いて、より有効性の高い教育コンテンツやその運用を可能にする産学協同研究を進めてきた実績があります。
 今回KMSIとRCGSは、相互の研究と実践の蓄積を活かして、電子教科書や教材をより本格的に活用するために、タブレット端末上で動作する教育コンテンツプラットフォームの研究および協同開発を開始します。この教育コンテンツプラットフォームは、各種の教育コンテンツアプリケーションとタブレット端末の間に介在し、これらのコンテンツの利用頻度や学習進捗状況、コンテンツ内のテストなどの成績管理を行うとともに、各生徒の学習指導に活かすことが可能です。

 この教育コンテンツプラットフォームを導入する学校では、将来的には個々の生徒の電子教科書や電子教材での学習進捗状況などの一元管理が可能となります。さまざまな内容と形式を持つアナログ教材やデジタル教材を、教育の目的、生徒の学習段階、教師の必要性などに合わせて自由に組み合わせつつ、適切にデザインされたゲーム性のあるプラットフォームを通じてマネジメントしていくことが可能になれば、タブレット端末と教科書の電子化というハードルを超えて、より本質的な意味における教育のデジタル化を進めることができると考えています。今後この研究成果は、教科書出版社や教育教材出版社を含めて広く社会的に公開する予定です。

 KMSIとRCGSは、この協同研究を通じて、より教育現場に合った仕様と生徒の利用継続の動機付けなどを活性化するユーザインターフェイス、およびユーザエクスペリエンスの研究開発を進めることにより、本格的なデジタル教育時代において教育現場の新しいインフラとなるべき教育コンテンツプラットフォームを創造していきます。

スケジュール

 2013年の前半は、検証用の試験的なシステムを制作の上、実験用のアップル社製iPadを既に導入している立命館学園の附属中学校・高校学校に提供し実証実験を行う予定です。2013年の後半からは、その結果を踏まえたシステムの改良と各種ガイドラインの策定をより広範な協力会社、機関とともに進めていきます。


京セラ丸善システムインテグレーション株式会社 会社概要

2004年4月に丸善株式会社から分社独立後、丸善グループのIT関連企業を統合。 同年10月に京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)の資本参加を受け誕生したソリューションインテグレータです。
学術機関・医療機関向けの特長あるICTソリューションや、全国12拠点網を活かし地域に根差したSI事業を展開。さらにKCCSが提供するデータセンター、ネットワーク、セキュリティなどのノウハウを付加し、企画・構築・運用・保守までのトータルサービスを提供しています。
詳細は、URL:http://www.kmsi.co.jp/をご覧ください。

立命館大学ゲーム研究センター 概要

立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、ゲームの分野における日本で唯一の学術的機関として、2011年4月に立命館大学衣笠総合研究機構に設置されました。本センターは、伝統的な遊具や玩具から最新のテクノロジーを用いたゲームまで、幅広いゲームと遊びを対象とし、総合大学の強み、日本のゲームの揺籃の地である京都という立地を活かして、専門的かつ総合的な研究を行うとともに、この分野での産学官連携をいっそう促進するために、行政機関・公的機関とゲーム関連企業・関連団体を橋渡しする役割を積極的に果たしていきます。
詳細は、URL:http://www.rcgs.jp/ をご覧ください。

*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

本プレスリリース お問い合わせ先

【京セラ丸善システムインテグレーション株式会社】
〒108-0073 東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル)
事業企画本部 広報マーケティンググループ
担当者:鈴木、大久保
TEL:03-6414-2873/FAX:03-6414-2891
URL:http://www.kmsi.co.jp/

【立命館大学ゲーム研究センター】
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
立命館大学研究部リサーチオフィス(衣笠)担当:石間
TEL: 075-465-8476/FAX: 075-465-8245
E-mail: rcgs@st.ritsumei.ac.jp

0 コメント:

コメントを投稿